2007-07-29から1日間の記事一覧

夕凪の街 桜の国

広島原爆投下13年後を生きた女性と現代を生きる女性。二人の目を通して描く、「原爆」。昭和33年広島、皆実(麻生久美子)は同僚の打越(吉沢悠)から求愛されるが、彼女は被爆した心の傷と、自分が生き残った罪悪感に苦しんでいた。やがて、皆実に原爆症の…